読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『20代だからこそ不動産投資』 by 理系大家Hiro

27歳にして首都圏に一棟アパートを新築。なぜ『20代だからこそ、不動産投資』なのか?20代のみんな、『豊潤』な人生を創ろう!!

伯楽に学んだ、不動産投資、最初の物件の選び方

不動産投資を始める方で、

最初の物件は、どんなのを買えばいいのだろうか??

という疑問を持たれる方は、非常に多いようです。

 

私もそうでした。

 

 

今回は、「最初にどんな物件を買うか?」について、

私は当時どう考えたか、ちょっと思い起こしながら紹介しようと思います。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2014年1月。

 

今年こそは不動産を持つぞ

 

と私は意気込んでいました。

 

 

『さて、まずは勉強、勉強っと。』

不動産に関する本を読み漁ります。

f:id:autobiography:20140826233238j:plain

 

何冊か読むと、不動産投資の大枠とか、基本的な用語は大体わかってきます。

(収益還元だとか、積算だとか・・・)

 

となると、次は、物件探し。

 

さてさて、どんな物件にし・よ・う・か・な ♪

 

 

まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意

ふむふむ、築古一棟アパートがいいのか!!

 

 

 

もう、アパート投資はするな!利回り20%をたたき出す戸建賃貸運用法

ほうほう、戸建も悪くなさそうだ。。。

 

 

 

東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい

むむ、都内のワンルームの方が良さそう?????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、どれやねん!!!!!

 

 

 

 

 

さて困りました。

 

どれがいいのか、さっぱりわかりません。

 

 

 

『うーむ、こういう時は、どうすべきか・・・』

 

 

 

 

そんなときに、ふと思い出したのが、

韓非子・伯楽の言葉。

 

愛する所には駑馬を相するを教う

 

優れた馬を見分ける名人伯楽は、

愛する者には駑馬(劣った馬・ノロい馬)の鑑定法を教え、

愛さない者(憎んでいる者)には名馬(駿馬)の鑑定法を教えたという。

滅多にいない駿馬の鑑定法より、駑馬の鑑定法の方が役に立つの意。

愛する所には駑馬を相するを教う

 

これを不動産に置き換えて考えれば、

  • いい物件の見分け方

よりも

  • ダメ物件の見分け方

 の方が価値がある、ということ。

 

『ならば、取り返しのつかないようなダメ物件さえ選ばなければ、

 あとは何とかなるだろう。』

    ↓

『ダメ物件とは如何なるものか、それを調べよう!!』

 

と、考え方は変わり、さっそく聞き込み調査。

 

ちょうどそのころ、ビリオネアクラブのセミナーに参加していたので、

セミナー後の懇親会(要は、大家さん同士の飲み会)に参加して、

いろいろと聞き出すことに。

 

 

 

すると、現役大家の先輩方が口をそろえておっしゃっていたのが、

「区分はやめとけ!後で足かせにしかならん!」

 

 

 

これで方向性は決まりました。

 区分はやらない = 一棟アパートを買う

 

 

こんな経緯で、最初は一棟アパートからスタートすることに決めたのです。

(※区分マンションも、戦略的に保有するのはおそらくアリだと思う。

  なので、区分マンション投資を完全に否定するわけではないし、

  私もいずれやらないとも限らない。)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...