読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『20代だからこそ不動産投資』 by 理系大家Hiro

27歳にして首都圏に一棟アパートを新築。なぜ『20代だからこそ、不動産投資』なのか?20代のみんな、『豊潤』な人生を創ろう!!

「1000円を入れると1200円が買える自販機」から考える、不動産投資を始める心構え

もし仮に、この世の中に

「1000円を入れると1200円が買える自販機」

があったとします。つまり、自動的にお金が1.2倍になるわけです。

     f:id:autobiography:20140908153448g:plain

 

あなたは、この自販機に、1000円入れますか?

 

おそらく、多くの人が入れるのではないでしょうか?

 

 

では、ここからが問題です。

6台の自販機があります。

  • 「1000円を入れると1200円が買える自販機」
  • 「1万円を入れると12千円が買える自販機」
  • 「10円を入れると12が買える自販機
  • 「100円を入れると120が買える自販機
  • 「1000円を入れると1200が買える自販機
  • 「1億円を入れると1億2千万円が買える自販機

このうち、1台だけを1回だけ使えるとします。

あなたはどうしますか?

 

 

例えば、1つの現実的な回答としては、

「今ある貯金から出せるのは100万だから、

 「100円を入れると120が買える自販機

 になるかなー」

でしょうか。

 

そうすれば、もうけは

120万ー100万=20万

ですね。

 

 

 

でも、ちょっと待ってください。

入れるお金は「あなたのお金」ではなくてもいいのです。

 

もし銀行から1億円(金利5%)を借りたとします。

すると

「1億円を入れると1億2千万円が買える自販機

を使うことができ、あなたのもうけは

1億2千万円ー1億円ー500万円(銀行に支払う利息)=1500万円

となります。

さらにこれなら、自分の貯金が0の人でもできちゃいます。

 

 

つまり、

 お金を殖やすには、自分が大きな元手をもっていることよりも、

 お金を殖やす仕組み(上記の例では自動販売機)を持っている、知っている

 ことの方が大事。

ということです。

 

言い換えると、

 借金をしてでも、大きいビジネスをやるウマミがここにある

ともなります。

(要は、レバレッジ、ですね。)

 

 

この「お金を殖やす仕組み」として、とっても優れているのが不動産です。

それは、

  • 自分の努力と工夫次第で、「自販機」の性能を改善することができるから
  • 不動産そのものを担保とすることで、比較的銀行融資を得やすいから

です。

 

 

 

 

また、最初の自動販売機の例に戻りますと、

なかには

「いや~、銀行からお金借りれたとしても、

 1000万までなら入れられるけど、1億円はなんとなく無理だなぁ~」

と感じた方、また、

「1000万や1億という数字を見ただけで、自分には関係の無い物に見えてしまった」

方もいるかもしれません。

 

 

それはあなた自身が、

自分に対して限界を作ってしまっていることになります。

 

 

少しずつ、その「メンタルブロック」を解除していきましょう。

このブログを通しても、そのお手伝いをしていきたいと思いますし、

不動産に関する入門書、また、

私がそうであったように、こちらの記事

20代のHiroが不動産投資に至るまで Vol.08 - 理系大家Hiroの 『20代だからこそ不動産投資』 

で紹介しているお金に関する書籍を読んだりすると、

少しずつほぐれていくと思います。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...