読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『20代だからこそ不動産投資』 by 理系大家Hiro

27歳にして首都圏に一棟アパートを新築。なぜ『20代だからこそ、不動産投資』なのか?20代のみんな、『豊潤』な人生を創ろう!!

『ザ・コンビニ』から学ぶ、事業拡大の方法

今回は、ゲームの話です。

(でも、最後はちゃんと不動産の話に戻りますので、おつきあいください(^ ^);)

 

 

むかーし、小学生のころ、ザ・コンビニというゲームにはまっていました。

私がやっていたのが、まさにこれ。

f:id:autobiography:20140920231702j:plain



 

このゲーム、コンビニビジネスの経営者になって、

ある街の中で自分のコンビニチェーンを拡大していくというものです。

 

事業を拡大するために、新たに店舗を作ったり、既存の店舗を改築したりします。

 

ただ、それには多額のお金が必要です。

 

既存の店舗から毎月上がってくる収益を蓄えて、

必要なお金が貯まるのを待っていてもいいのですが、

ただ待つのではつまらない。(そりゃ、ゲームですからね!!)

 

 

そこで、このゲーム、

「銀行からお金を借りる」

ということができました。

 

 

もちろん、ちゃんと利息も払わないといけません。

でも、新規店舗を作るためのお金を、すぐに手に入れられます。

 

 

当時、フツーの小学生だったワタクシ。

頭の中には

「シャッキン=悪」

という図式が、漠然とありました。

 

だから、ゲームの中とはいえ、

最初のうちは借金をすることに対して抵抗がありました。

借金をせずに、お金が貯まるのを待っていました。

 

 

でもそのうち、

「まぁ、ゲームなんだし、借金するとどうなるのか、試してみよう」

という感じで、借金をして、新店を作ってみました。

 

 

その結果どうなったか。。。。

 

 

事業を拡大して、収入が増え、月々借金の返済をしても

手残りのキャッシュが増えたのです。

 

 

つまり、

コンビニ事業拡大のスピードが上がったのです。

 

最初は、

「借金なんかして、返済できなくなったらどうしよう」

とビビっていた私なので、(←所詮ゲームなのに。笑)

借金をして逆にうまくいく、という結果に、少々驚きました。

 

 

これに味を占めた私は、

どんどんお金を借りて、どんどん事業を大きくすることにしました。

 

 

 

そうすると、今度は別の壁が立ちはだかりました。

 

 

銀行からの融資限度額です。

 

 

ゲームとはいえ、無制限に借金をすることはできませんでした。

 

 

でも、このゲーム、本当によくできていまして、

一度借りた借金を返済すると、銀行の信頼度パラメータが上がって、

次回から借りれる額が増えるのです。

 

例えば、最初はMAX1000万円までしか借りれない。

でも、1000万円借りてそれをしっかり返済できると、

銀行からの信頼度が上がり、次は2000万円まで借りれるようになります。

 

ですので、私はこのようにゲームを進めていきました。

 

銀行からお金を借りる

店舗を増やす(事業拡大)

返済実績を作る

銀行からの信頼度が上がる

銀行からもっとお金を借りられるようになる

もっとお金を借りる

さらに店舗を増やす事業拡大)

(この繰り返し)

 

きっと、これがこのゲームの最短での攻略法でしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、ゲームの話はこれくらいにしまして、

もうお気づきかもしれませんが、このゲームの攻略法、

 

銀行からお金を借りる

事業拡大

返済実績を作る

銀行からの信頼度が上がる

銀行からもっとお金を借りられるようになる

さらに事業拡大

 

というサイクルは、まさに不動産投資にも当てはまります。

 

 

もしあなたも、昔の私のような「借金=悪」というイメージをもたれていたら、

ぜひ『ザ・コンビニ』をプレイされることをお勧めします。

(いまもあるのかな?笑)

 

 

私は、実際に不動産投資をやってみてから、このゲームの凄さに気づきました。

いま思うと、借金をしてビジネスのスピードを加速する、ということを、

小学生のときにやったこのゲームで、漠然とですが学んでいたのかもしれません。

 

 

たかがゲーム、されどゲーム。

 

 

いやはや、『ザ・コンビニ』あっぱれ!!!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...