読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『20代だからこそ不動産投資』 by 理系大家Hiro

27歳にして首都圏に一棟アパートを新築。なぜ『20代だからこそ、不動産投資』なのか?20代のみんな、『豊潤』な人生を創ろう!!

物件を売却しました

f:id:autobiography:20150517170205p:plain

このブログで全てのいきさつを綴ってきた新築アパートですが、この度、売却いたしました。

 

20dakara-fudousan.hatenablog.com

 

結果的には、建築時の総工費より、高く売却できました。

(つまり、新築時よりも低い利回りで、物件を売却しました。)

 

残債はもちろん減っているので、キャピタルゲイン確定です。

 

建築を決めた2年前よりも、不動産マーケットの市況が過熱しているということですね。

 

物件の保有は、およそ1年と半年。

当初思っていたよりも、かなり早い売却ですが、これはこれで良かったと思います。

(短期譲渡なので、税金が・・・涙目)

 

27歳で、千葉に更地を買って、アパートの建築を開始。

28歳で、全空状態(新築だから)から満室化、管理・運営。

29歳で、物件売却でキャピタルゲインを取得してイグジット。

 

なかなか、ダイナミックな2年間でした。

 

とはいえ、これらも全てサラリーマンをやりながら、裏で活動していたこと。

少ない活動量で、これだけの成果をだせるのが不動産投資の良さだと思います。

 

27歳の時には、特に相談できる人も周りにおらず、自分の判断で「やる!」と決めて進めましたが、

(当時は、多少はさすがに不安もありましたが・・・笑)

本当に、やってよかったと思います。

 

※よくハンコ押したな~、オレ・・・

 

金銭的に利益を出せたということよりも、

20代で収益不動産の建築、客付け、運営、売却の一通りの経験をできたこと、

そして、不動産投資にまつわるたくさんの方々との人脈を築けたこと、

これが、非常に大きな財産です。

 

1棟目の不動産投資は、いろんなメリットを総合的に判断して、大成功でした。

 

というわけで、私の不動産投資の第一章は、これで一区切り、終わりです。

 

 

第2幕も、スタートしたいですね。

 

次は、法人での物件取得を目指します。

そのために、地元の銀行様との関係性づくりに励んでいます。

 

不動産投資は、銀行がほぼすべて。

銀行様と仲良くなって、2棟目のスタートが切れた時に、またブログでお伝えします。

優秀な業者4社が集結!? 不動産業者比較セミナー

f:id:autobiography:20160822152546j:plain

不動産投資において重要なことは、良い不動産業者との"つながり"ですよね。

 

物件の紹介、金融機関のあっせんなど、優秀な不動産業者とビジネスパートナーとして、いい関係性を構築することが、不動産投資の成功には必要不可欠です。


でも、良い業者を見つけるのは、結構大変ですよね・・・


 各業者が主催しているセミナーに参加して・・・
 各業者に話を聞きに行って・・・
 それぞれから物件を紹介してもらって・・・
 業者間の違いや、それぞれの特徴を比較して・・・

これを何十社も繰り返すことは、かなり骨の折れる作業です。


それなら、複数の不動産業者が一堂に会して、自社の特徴をプレゼンしてくれて、
その場で業者の比較や選定、アポイントメントができる機会があると、良いですよね??

 

というわけで、今回そんな前代未聞のセミナーを企画してみました。

 

その名も、


『不動産会社4社が一斉に集結!!不動産業者比較セミナー』


です!!!


サラリーマンの方や士業の方を対象とした不動産投資に関して
非常に優秀な不動産業者4社をお呼びして、
自社のアピールポイント、他社との違いをプレゼンテーションしていただきます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■セミナーアジェンダ(予定)

1.主催者による『不動産投資の考え方』『不動産業者の選び方』セミナー(30min)

2.各業者様のプレゼンテーションおよび質疑応答
  1社あたり45min ×4社

3.主催者による振り返りと、『不動産業者との付き合い方』セミナー(20min)

4.参加企業様との名刺交換タイム(30min)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

不動産業者4社のプレゼンをお聞きいただき、各社に対する疑問・質問もその場でお受けいたします。

また、名刺交換タイムもご用意しておりますので、気に入った業者がございましたら、その場で担当者様とアポイントを取っていただけます。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

4社の話が一度に聞けるということは・・・

・年間取引棟数400棟(4社合計)の物件動向の情報が得られます!
・取引銀行20行(4社合計)の融資動向の情報が得られます!
・4社それぞれの不動産投資に対する考え方、スタンスをヒアリングできます!
・あなたに合った不動産業者を見つけることができます!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

ぜひ、各業者様を投資家目線で比較・検討していただければと思います。

ご参加お待ちしております。

 

お申し込みは、こちらから。

https://www.kenbiya.com/seminar/t=I/17673u83/

参加者限定型 不動産投資セミナーやります!!

Hiroの不動産投資の"お師匠さん"であるドンペリ大家さんと一緒に、

今度、不動産投資セミナーやります。^^

 

f:id:autobiography:20160610010452j:plain

そんじょそこらの、『業者主催』のセミナーとは濃さが違います。

だって、業者じゃないですから・・・^^;

 

私も不動産投資を始めるときに、業者主催のセミナーにたくさん行きましたが、

結局、その業者が売りたい物件を売るためのセミナーになるんですよね・・・

 

 

私たちが主催するセミナーは、実践して、結果を出している

「現役の不動産投資家」によるセミナーです。

 

 

今月、2回のセミナーを開催予定ですが、どちらも参加者を限定した、エッジの効いた

セミナーになっています。

 

f:id:autobiography:20160610010617j:plain

①年収1,000万円以上の方限定のセミナー

不動産投資を行うに当たって、まず重要なことが、ご自身の『属性』。

自分の属性と同じくらいの属性の方の話を聞かないと、あまり参考になりません。

 

例えば、年収500万円の方が、年収2,000万円で不動産投資をされている方の話を聞いても、それを再現できないということになります。

 

セミナー講師のドンペリ大家さんは、本業は年収1,000万円のサラリーマン。

ということは、ドンペリさんのやり方をそのままパクれるのも、同じ属性の方。

 

というわけで、年収1,000万円以上の方限定のセミナーとさせていただきました。

 

参加できる方は限られますが、逆に参加できる方は、ドンペリさんのやり方を徹底的にパクル(TTP)ことで、スピーディーに不労所得を構築することができると思います。

 

セミナー詳細はこちら。

https://www.kenbiya.com/seminar/t=I/15732whj/

 

f:id:autobiography:20160610011609j:plain

②夫婦 or カップル限定セミナー

独身の私が言うのもアレですが、不動産投資を進めるに当たって、奥様もしくは旦那さんの理解、協力は必要不可欠です。

 

2人で協力して進めれば、スピーディーに資産を構築することができます。

 

私も、「不動産を買いたいなら結婚しろ!」と良くいわれます。(^^;;

 

というわけで、夫婦もしくはカップルそろっての参加に絞ったセミナーを開催させていただきます。

 

・夫婦の将来

・マネープラン

・子供の養育費

・老後に向けた資産運用・・・

 

などなど、一度セミナーにそろって参加して、一緒に考えてみませんか?

 

セミナー詳細はこちら。

https://www.kenbiya.com/seminar/t=I/15733mgs/

 

多数の御参加、お待ちしております!!

 

他に、

『理系大家Hiro本人に会ってみたい!』

という方がおられましたら、私はどちらのセミナーにもスタッフとして参加しておりますので、お待ちしております。名刺交換しましょう。笑

 

また、「こんなセミナー開催してほしい!」といった要望がありましたら、お気軽にお問合せフォームより連絡ください。^^

『理系大家Hiro』 への問い合わせ

「お客様は神様」は通用しない!不動産業界のヒエラルキー

投資用物件を購入するために業者と接する際に、気をつけないといけないマインドセットがあります。

 

それは、不動産業者の方が立場が上、ということです。

 

f:id:autobiography:20160605103056j:plain

 

普段、テレビや洗濯機を買うときは、お金を出している顧客の方が、どちらかというと上位に立つイメージだと思います。

 

しかし、投資用不動産を購入するときに、その感覚を持っていると、良い物件は購入できません。

 

 

なぜか???

 

 

違いを一言で言うと、

普段の買い物:大量生産された『負債』を購入する

投資用不動産:一点ものの『資産』を購入する

ということになると思っています。

 

普段の買い物で買うものは、テレビ、車、ゴルフセットなど、大量生産されて店頭に在庫が積み上げられている『負債』です。

 

顧客は「負債」を買ってくれるので、顧客が神様。

店員はお客様に、在庫が積み上がっている負債を気持ちよく購入いただくために、

丁寧な接客をし、商品の良さをコト細かに説明し、お金を払っていただくのです。

 

その範囲においては、お金を出している顧客の方が、関係性としては上位になるでしょう。(上から目線の態度を取るかどうかは別として。)

 

一方、投資用不動産は、全て一品モノの『資産』です。

 

業者が販売しているものは『資産』。

しかも、一品モノですので、1つの不動産をAさんとBさんの両方に売ってあげることはできません。

つまり、その「資産」を、誰に売ってあげるのか、その決定権は業者側にあるのです。

ですから、不動産業者の方が立場が上、ということになります。

 

 

先日、業者に会いもせずに、メールで物件の紹介依頼や相談を済ませている方がいらっしゃいました。

 

まぁ、それでもいいのですが、それでは『ゼッタイ』に良い物件は紹介されないですよね・・・^^;

 

『資産』である不動産を商品として抱えているのは業者。

その商品を、どの買い手に配分するのかを決めるのも業者。

 

 

もちろん、必要以上に下手に出たり、媚びる必要はないのですが、

基本的な『上下関係』をわきまえた上で、業者様に

 「この物件は、あの人に紹介してあげよう~♪」

と思ってもらえる顧客にならないと、良い物件は買えないわけです。

 

 

その点でも、20代の方は向いているのではないでしょうか?

 

本業で年収1,000万円稼いでいるバリバリのサラリーマンの方や、

会社内において既にある程度の地位についている方ですと、

プライドや自信が邪魔をして、業者に対しても高圧的に

「お金出すのはこっちなんだから、良い物件紹介しろや!」

といったスタンスで接する方もいらっしゃるように思います。

 

20代ですと、良い意味でそんな心配はないと思うので、(笑)

業者とフラットな良い関係を築いて、年収1,000万円の年配の方以上に

良い物件を紹介してもらえるようになることを目指されると良いと思います。

ライ○ップ式!?結果にコミットする不動産投資セミナー

f:id:autobiography:20160406231619j:plain

今月、サラリーマン大家として大成功されている先輩投資家の方と不動産投資セミナーを開催します。

 

年収1000万円以上限定 不動産投資ハイブリッド成功法

https://www.kenbiya.com/seminar/t=I/151809cd/

 

私は運営スタッフとして、セミナー会場の後ろの方にいると思います。笑

 

セミナー資料の作成など、一緒に協力させていただいておりますが、

 

手前味噌で恐縮ですが、今回のセミナー、かなり内容が濃いものになっております。^^

 

 

現役のサラリーマン大家が自分の経験を基に体系化した投資法を全て公開しますので、

ぶっちゃけ、そのままパクッてやれば、高い確率で成功できると思います。

 

だって、既に道を切り開いている方の後ろをついていけばいいだけなのですから・・・

 

 

仕事が忙しく、時間がなくて、てっとり早く資産とキャッシュフローを構築してしまいたい方にはオススメです。

 

逆に、

自分のやり方、マイウェイを切り開いていきたい!

という方には、逆にマッチしないと思います。

 

不動産投資で

・時間の自由

・お金の自由

・場所の自由

・人間関係の自由

を得たいと考えている方、ぜひお越しください。

 

お申込み、お待ちしております!!

https://www.kenbiya.com/semihost/t-ishiguro-arch/

 

20代の不動産投資家の飲み会 それは世間の一般常識を逸脱した者たちの集い

f:id:autobiography:20160329091200j:plain

先日、知り合いの20代の不動産投資家の皆さんをお呼びして、飲み会を開催しました。

場所は新宿。

参加したのは、私を含めて総勢9名。

そのうち、8名は既に物件をお持ちの方々。

既に一棟物件を複数所有している方ばかり。

 

みなさん、日ごろの会社のつまらない飲み会では話せない

  • 物件の話
  • 融資の話
  • 管理の話

・・・

などなど、大変盛り上がりました。

 

もはや、普通の世界にはもどれないですね。。。^^;

 

会社の飲み会では、上司のお小遣いが2000円減らされたとか、

どーでもいい話につき合わされれるわけですが・・・

 

この飲み会では、

  • 3か月でトータル3億の物件買いました。→おー、いいね~パチパチ。
  • いまの借入総額1億ちょっとです。→ふーん。

などなど、文字通り『ケタ違い』の会話が繰り広げられます。^^

 

不動産でもなんでもいいのですが、やっぱり同じ目標を目指して、同じことを考えて行動している人たちでの飲み会というのは、とっても刺激的ですし、勉強にもなります。

 

飲み会に参加していたメンバーの資産総額・・・

 

7~8億くらいかな・・・^^;

(これがいずれ"純資産額"になったらすごいな!!)

 

全員20代・・・

 

 

異常な飲み会でした。

 

 

参加してくれたメンバーの、5年後、10年後が楽しみです!!

とんでもないことになっているのでは!?笑

国土交通省が打ち出す、不動産投資マーケット倍増計画

f:id:autobiography:20160323133633j:plain

私自身が不動産投資をやりたいと考えたきっかけ、それは

 

「借金がしたい!」

 

でした。

 

もともと学生時代に金持ち父さんを読んでいたので、不動産投資について考える下地はありました。

さらに社会人になってから、『円の支配者』という本を読みました。

円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか

円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか

 

 

この本を読んで、なるほど、バブルというモノは銀行の融資姿勢によって意図的につくられるモノなのだな、ということがよくわかりました。

 

 

結局、銀行が融資をすれば、その融資をされた分野は潤うし、融資がされにくくなれば、その分野は自然と下降線をたどる。

経済学の本に書かれている、ムズカシイ理屈なんかまったく関係は無くて、要は銀行が融資をするのかしないのか、それが全てであると、理解しました。

 

そこからさらに、銀行融資というモノを勉強していくにつれて、

 銀行融資を受けることはスバラシイことだ!!

といったマインドセットになっていき、じゃあ融資が受けやすい分野はなんだろうと考えて、不動産に行き着いたわけです。

それがちょうど2年前。

 

 

さて、ちょっと前置きが長くなりましたが、現状の不動産投資マーケットは、半ば官製相場によって、拡大傾向にあります。

www.nikkei.com

 

国土交通省が不動産投資マーケットの拡大目標に関して言及するなんて、なかなか異常とも言えます・・・

しかも、あと4~5年で2倍だなんて・・・

 

しかも、その理由が、

マイナス金利政策導入で運用難に陥った投資マネーを取り込み・・・』

 

なんかもう、「言い訳が素直でよろしいっ!!」っていうレベルです。笑

 

 

市場規模を拡大するためには、銀行がその分野に積極融資すればいいだけです。

ということは、当面は、不動産投資に関する銀行融資は緩めの基調が続きそうですね。

 

こういう買えるときに買って、資産を構築する、ということも重要ですね。

(もちろん、なんでも買っていいわけではないです。ちゃんと毎月のキャッシュが確実にまわる物件を選んで買わないといけませんよ!!!)

 

いくら良い物件があっても、銀行が貸してくれないと買えない、というのが、普通のモノを買うときと不動産を買うときの大きな違いです。

「財布のひも」を握っている銀行様が、笑顔で貸してくれるうちに、良い物件を購入する。

これが、スピーディーに不動産投資を成功させる一つのポイントだと思います。

 

 

ちなみに・・・

「借金なんてコワーい」と思っている方。貸している銀行にだって責任ありますから、そこまで悲観する必要はないですよ。^^

銀行から借りてあげないと、銀行の融資担当者の営業成績、上がらないですもん。

www.kashitesekinin.net

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...